読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

必要なもの

今日はクリスマスイブだけど、今日は稽古もないし、やったことといえば掃除と本の整理とシャツにアイロンを掛けたことだけ。家の外回りは、何にも出来なかった。



本はいつものことだけど、大量に捨てるというか、BOOKOFFに売り飛ばす。何年もそれを繰り返してるから、必要な本だけが残ってるはず。ん、はず? いやいや、それが分厚い本はなかなか捨てられなかったり、武道関係の本はやたらと残ってる。それでいて、何年も読まないんだから、結局は自分に必要ない本なんだろう。本にはホコリがつきやすい。綿埃を掃除するだけで大変だ。

一気に数を減らそうと、ある程度ジャンル分けしつつ整理してると、いやもう本なんて、そんなに買わなくていいんじゃないのと思えてきた。ビジネス関係では、基本的な思想ではドラッカーがあればいいし。時代はどんどん変わってるから、トレンド的なマーケティングの解釈ものは必要だけど。ソーシャルは、読むよりやった方がいいし、新しい動きならネットに溢れてる。
神仏とか、日本みたいな話では、松岡正剛梅原猛中沢新一ぐらいがあればいい。そのへんの思想では、ひろちさやとか。好きな人とか追いかけたい人は決まってるよなぁと。問題は、マンガだ。これはなぁ、毎回かなり捨てるけど、ああ、手放しちゃって惜しかったよなぁ、もういっかい読みたかったよなぁと思う時は、ちょくちょくある。バガボンドも買ってはすぐに捨てちゃってるけど、何年かして、後悔しちゃうのかも。

こういうのを電子書籍で買って、クラウドに置いといたら、どうなんだろう。クラウドって便利そうだけど、でも実在する本やDVDなら、必要だと思ってたのに結局はいらなかったわ、なんて反省もできるし、自分のこれからの捨てる捨てないの基準の参考にもなる。それがクラウドだと、ただ溜まっていっちゃうだけだもんなぁ。ゴミとか、不要なカスが、脳に溜まっていくように。
そんなことを考えながら整理していると、あ、自分が読んだ本のリストと、感想的なもののサマリーがあればいいんだ。それを見て、パッと思い出せなかったり、ピンと来なかったら不要だってことだよね。これを、なんとか仕組み化出来ないものなんだろうか。


武道関係の本は、資料として貴重だと思ってたようなのも、バンバン捨てた。空手ものはいっぱいあったけど、それも捨てた。DVDは、今回は捨てなかった。整理して、ジャンル別に並べていると、まあ結局資料でしかないんだよなと思って、これこそクラウドに置いとけたらいいのかもしれない。ビデオもいっぱいあるけど、これこそデータ化してクラウド行きだわと。速くどうにかしないと、テープが腐る(笑) あ、それにプレイヤーももうヤバそうだ。
武道もののは、それこそその本屋に負けないぐらいまだあるけど、身体操作や理合い、技術などは、そんなに大きな違いがないし。違いがあるのは、思想だったり練り方だ。稽古方法は読んだり見たりしてもあんまり意味はなくて、これも実際にやらなきゃしょうがない。
だからなぁ、これ以上に入手する必要がないじゃん。と思ってしまう。



晩ご飯を食べてから、アイロン掛け。奥さんは、シャンパンをひとりで開けて、寝てしまった(笑)
最近、シャツをクリーニングにも出さず、自分でアイロン掛けしてるんだけど、そうすると何が必要なのかを感じるようになってきた。
そもそも私、スーツを着ていても、いかにもスーツ用のワイシャツを着ることは少ないし、そんなに持っていない。それも化繊ではなく、綿100%のものだけだから、ピシッーとさせるとこはないし。ネクタイを締めないなら、カジュアルなシャツでぜんぜんいい。
洗って形を整えとけばOKというのが、一番楽だ。そんなのノーアイロンのシャツでいいじゃんと言われそうだけど、その手のはほとんど化繊だから、私はNG。織りが特殊で、アイロンいらずというのもある。やっぱり一番重宝するのは、白の分厚いオックスフォード。どんなスーツにも上着にも合わせられるし、質感もある。
アイロンが必要なものでは、ブルーの太めのストライプもの。黒とかグレーのスーツに合わせやすいし、カジュアルな上着でも、ビジネスっぽい感じになる。

こういうことって、メンドクサと思いながら、自分でアイロン掛けしないと、実感がわかないところ。


なんでもかんでも過剰に、消費しないこと。所有しても、貯め込まないこと。所有して、維持することに手間がかからないこと。私自身は、そんな風に価値観が変わってきてる。


今日のBGM-218【 U2 - Christmas (Baby Please Come Home) 】

ボノ、若い(笑)