読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

バーチャルな強気の行き先

[ブツブツブツ]

今日、平和記念式典で、松井広島市長が安倍首相を前に、インドに対する日本の原子力協定推進を批判してた。

テレビでそれを聞いてて、それって隠れた目的は核兵器を作ることだろって意味? 検索してみたけど、いまいちわからない。

 

元経産省官僚の古賀さんが、こんなことを発言されている。

中東の国々というのは安全保障上、核開発をしたい国ばかりなんです。もちろん、原発輸出をするときは原子力協定を結んで、そういうこと(軍事目的への転用)は絶対しませんという条約を結ぶんですけれども、これがいつまで守られるかというのは保証の限りではありません。現に韓国は原子力協定でそういうことはできないことになっているんですが、アメリカに対して「再処理をさせてくれ」と要望しています。再処理をするということはプルトニウムができるということです。プルトニウムは核爆弾の原料になる物質ですね。韓国の理屈は、北朝鮮もつくっているんだから自分もつくりたいということでしょう。今回の原子力協定の改定交渉では、アメリカが韓国側の要求を抑え込んで、できないということになりましたが、これは2年間の暫定延長です。つまり2年後には再交渉したいというのが韓国の動きですね。

 

中東のようなところにたくさん原発ができて、核のゴミが出る。そして、再処理したいと言い出す。だけど、それは絶対やらせたくない。プロトニウムができるから。だけど、途上国の側からは「じゃあ、どうするんですか。ゴミはどうするんですか」という声が出てきますよね。そこで登場するのが、正義の味方ニッポンなんです。つまり日本には夢の増殖炉「もんじゅ」がありますし、青森にすばらしい再処理工場ができるはずであると。したがってこれをますます大規模化して、世界中の、特に途上国のゴミを集めてくると。で、再処理をしてまた燃料にして戻してあげて、向こうで使ってもらう。それを繰り返すということです。世界の再処理工場になるというのが、これが実は自民党というか、もともとは経産省とか「原子力ムラ」の人たちが考えたプランなんです。

HPMG News 『元経産省官僚・古賀茂明氏が語る「安倍政権が原発再稼働を急ぐ"ワケ"」』より抜粋。

 

ああ〜、これが本当なら武器輸出してるのと同じだ。それももっとも強力な。

経済も潤う。国際的に同盟国的なつながりが増えて、安全保障強化にもつながる。原子力村も、ますます拡大できる。いいことづくめじゃないの。

 

NPTの「いかなる状況下でも核兵器が二度と使われないことは人類生存の利益」という共同声明に、賛同しなかった日本。アメリカに守ってもらうために、使って欲しい場合もあるということか。

それとも、そろそろ日本も自前で核兵器を作りたい。アメリカの内諾も取れてるってことなんだろうか。

 

政治家からも、原子力村からも「核兵器を作ろうと思えば作れるというのは、安全保障上の抑止力になる」という発言がある。

私は前から、じゃあとっとと作れ。いつでも作れちゃいますよなんて、抑止力になんてならないわと言ってた。それどころか原発は安全保障上のリスクだろ。

小出しにしながら、原子力ビジネスは儲かるし、核兵器も作れちゃうし、いいことづくめじゃんか。なんてやってるより、そりゃあリスクはあるけど、儲かった方がいいでしょ。強くナメられない国の方がカッコイイでしょと言って、国民に判断させればいいじゃない。

 

 

今日、奥さんから突如「あなたは原爆ドーム行ったことある?」と聞かれた。いや、ない。お前はあるのと聞いたら、高校の修学旅行で行ったことがあるそうだ。どんな悪いヤツも泣いてたという。

どうしてそんなことを聞いてきたかというと、16、17年にはリニューアルして、人形を撤去するんだそうだ。

その理由というのが、「旅行代理店のアンケートに、人形が怖いとの意見があった」からだそう。

はぁ、知らない私が言うのもなんだけど、人形が行き過ぎなのかどうかはわからない。だけど、楽しい場所であるわけがないじゃない。怖いというのを排除して、ボタン戦争に向かうんだろうか。