読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

どうして、女性専用のジムばかりが増える?

f:id:F_chikara:20150601151511j:plain

近々、女性限定のトレーニングジムが出来るらしい。どうもランニングマシンが中心になるみたい。内容に興味ないんだけど、なんで女性限定にしたんだろう。加圧とか、新しく出来るフィットネス系のジムは女性限定ばかりだ。

女性専用のフィットネスといえば、カーブスが急速に拡大しているみたいだけど、なんと1400店舗を超えたそう。でもあれは「30分健康体操教室」と言ってるぐらいで、中年というより高齢者寄りの、健康診断で運動不足と言われたから、ちょっとやっときましょう感が強い。男性の目を気にせず、がんばりますということだけど、気にするのは本人であって、たぶん男性も見たくないはずだ(笑)

 

 

年齢層がってだけじゃなく、筋肉もかなりあって締ったカラダなのに、さらに絞るよ、みたいな女の人が多い都市部のフィットネス。だいたいそういうところは、外から見えてたりする(笑) だったら性別で分ける必要なさそうじゃない。

運動やっててボディラインに自信のある人は、程度の差こそあれナルシストだし、ウェアも着慣れてて見られることに慣れてるんじゃないのと思うんだけど。

 

 

女性専用にすると、それだけ省スペースで合理的

以前仕事で、姿勢矯正の教室をやっている主宰者に話を聞いたことがある。どうして女性専門にしてるんですかと。そこもやっぱり女性限定にしてた。内容的に男性だって興味持ってる人はいると思うんですけどと質問すると、男女別の更衣室って、どれぐらいのスペース取ると思ってるのと言われた。それで男性もいっぱい来るならともかく、主体はどうしたって女性だから、女性限定にした方が合理的。女性しかいないんだから、カーテンで区切るだけでいいと。

さらにはカラダの大きな男性に対してここを出して、ここを引っ込めてとやるのは、体力的にも大変だという。

 

なるほどね、更衣室か。大きなところだとトイレやシャワールームも大変なことだ。たぶん都市部では、こういう経済合理性の側面が大きいのかもしれない。それにしたって小規模なのが増えてるのは、どういうことだ。

 

 

出会いを求める女性は、淡々と鍛える場所には行かない?

もう最近はスポーツ合コンも花盛りで、フットサルコンとかボルタリングコンとかゴルフコンとかランニングコンとか、ロゲイニングコンみたいなのまであるらしい。別にそんなの合コンって言ってないだけで、昔から似たようなことはあったじゃん。そうは思うけど、どうも目的がハッキリしていないとダメみたい。

これは合コンなんですからね、趣味を通じて仲良くなる。みたいな目的が先で、スポーツはあくまで手段。ということは、別に上手くなきゃダメってことはないわけよね。

 

出会いがそうなら、鍛えたい、上達したいという人は女性専用でガシガシやれる場所に行くのもうなづける。少なくとも、そういう場所で出会いは求めてないってことね。

ガシガシやるってことは、専門性の高いカリキュラムを求めるだろうし、教える人に対したって高いスキルを求めそうだ。

 

細分化したニーズって、たぶんそういうこと。だから小さめで内容や性別を限定したジムができるのは、当然なのかもね。

RUNはもともとストイックなイメージがあるし、走る人口が増えてきたから、女性専門で成り立つのかもしれない。そうなら、そのうち女性ボディビルダー専用ジムなんていうのができるんだろうか。いやぁ、さすがにそれはないか(笑) 

じゃあ逆に、男性専門ジムなんていうのは出来るんだろうか。あ、すでにゴールドジムは近い存在かもしれないです。行ったことないですけど(笑) 

 

どっちにしろ、女性の方が自己投資に使う時間もお金も多いのは間違いないだろうから、女性専用とか限定がますます進行しそう。

 

今日のBGM-382【Madonna - Hung up】

ライブでバルクールが出てくるってもう、訳分かんない(笑) 

マドンナは一貫してフィットネスセレブのポジションよね。というか、マドンナがそういうジャンルを作ったのかも。