読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

運命の人か、条件検索か。フェロモンパーティとオンライン婚活の未来

5分後の未来 読んだ本から

f:id:F_chikara:20170110175842j:plain

 

先日、帰りの電車で立っていた目の前に、婚活サービスの広告があった。ホントにまあ、最近は婚活関連の広告が多いよな。それだけ大変なんだろう。だけど運営してる方は、出会い系と区別なんてないんだから大丈夫なんだろうか。

(前にこんなこと書いてます)

 

 

そんなことを思いながらコピーを読んでると、条件で相手を探せるとか、価値観で合う相手を紹介するとか、要するに条件検索によるマッチングと、運命の人という言葉が同列に並んでた。なんで、条件検索が、なんで運命の人?
いや運命の人っていう言い方もなんか奇妙な感じがするけど、あった瞬間にビビッと来るとか、ふんわりとしたニュアンスなら誰でも理解できそうな気がする。

 

だけど、年収学歴職業、身長体重スリーサイズ、趣味、みたいなことって、運命とどこかリンクするの? 価値観って、たとえばジャンク好き/オーガニック好き、喫煙者/非喫煙者原発推進派/原発廃炉派、コンサバファッション/トレンドファッションあるいは無関心とか、そういう一致が運命と関係があるわけ?
と眠いのに、なんだこれ。意味わかんねぇわと。

考えてみれば、昔から結婚相談所とか婚活サービスみたいなところは「運命」を使いたがるよな。利用者にとって「運命」だと思い込むことが、なにかのエクスキューズなんだろうか。
別に出会いがいっぱい欲しいから、この手のサービスを使ってますでいいと思うんだけど。

 

そもそもマッチングサービスって、どんなジャンルだってバトナ。BATNA(Best Alternative To a Negotiated Agreement)は、「交渉が決裂したときに取れる最善の選択肢」を得るためのもの。簡単にいえば、高く売るために、あるいは安く買うために選択肢を多く持とうってことだ。


企業が安く仕入れるときに、仕入れ先の選択肢をいっぱい持っていれば、価格的に最善の選択をできるってことだ。クラウドワーキングなんかが、そうね。
安く家電を買いたいときに、価格ドットコムを調べるようなもんだ。

他に選択肢がなければ、交渉において追い込まれる。

 

 

Amazon - 武器としての交渉思考

 

 

これを婚活に当てはめれば、見た目も含めて人気の条件を持っている人はどんどん有利になるけど、不人気の条件だとどんどん不利になるってこと。

意識的にだろうが無意識にだろうが、婚活サイトに登録する人は、結婚相手になる自分の選択肢を増やせれば増やせるほど、有利な選択ができることになると捉えているんじゃないだろうか。登録するまで有利になるかどうかは分からないけれども、有利にするために盛るだろう。盛り方はSNSで盛る程度じゃおさまらないのは、まちがいない。


出会い系なら、写真やプロフィールを盛っておけば、どんどん人気になる。もちろん詐欺もできるけど、本人確認したところで、奇跡の一枚みたいなのを出したって詐欺じゃない(笑) 婚活サービスだからって、どれだけ差があるのか。

 

 


一方、海外では「フェロモンパーティ」が流行している。らしい。本能が求めるというか性的なところに直結するから、大胆なパーティだよな。異様な雰囲気にならないんだろうかと思っていたら、昨年、日本でもフェロモンパーティが行われていると知って驚いた。はてなブログで、たぶん主宰団体が書いていた。
それによると、フェロモンTシャツの作り方はこうなってるそうだ。

前日の就寝時
Tシャツを着てお布団に入りましょう。(※綿100%がおすすめ)

翌朝
脱いだTシャツをジップロックタイプの袋に入れてすぐに密封。

お出掛けまで冷蔵庫で保管しておきます。

 

 

それって、どうなの。フェロモン出てるの。風呂入って、香料の強いボディーソープとか使ってたらぜんぜん分からないじゃん。参加する女性はたぶんそうするでしょうよ。と思ったら、あくまでお手軽に一晩で用意するのは日本流だと書いてある。

 

そもそもフェロモンパーティは、たぶんスイス・ベルン大学のクラウス・ウィトキンス博士が行ったTシャツ実験がきっかけなんだと思います。この話、ネット上ではけっこう出回ってますけど、まともに書いたものがほとんどない。書籍では、何冊かで読んで記憶があるけど、当然のことながら詳しい。

「Tシャツ実験」では徹底的に無臭状態に置かれた男女に、2~3日間ずっと綿のTシャツを着用させます。
無臭状態とは、禁酒・禁煙は当然として、性行為も行わせず、他人との接触も極力回避させ、にんにくや玉ねぎといったにおいの強い食べ物を食させず、さらに石鹸も無臭のものだけを使用させて体臭だけを嗅ぐことができる状態におくことをいいます。2~3日着させれば汗が充分に浸みこんで、体臭だけTシャツに付着することになります。それを保存しておき、実験になるとTシャツのにおいを被験者に嗅がせて、心地よいにおいかどうかを点数化させるのです。

と、「なぜ、その人に惹かれてしまうのか?」にはあります。

 

 Amazon - なぜ、その人に惹かれてしまうのか

 

ずいぶん、日本のフェロモンパーティのTシャツの作り方とは違います。厳密にやったら、パーティにならないんでしょうけど。
さらにこの解釈について、ネットでは偏ったことばかり書かれています。それは、自分の遺伝子と異なる遺伝子を持つ異性のにおいを好ましいと感じる。その理由は、免疫に対して有効だからというもの。
確かに多くの本でもHLA遺伝子の多様性があるほど、生まれてきた子どもは病原体に対して対処できる可能性が高まるという話が出てきます。HLAとは自分と異物を区別して、ウイルスなどから自分を守る抗体のこと。
でもその一方で、女性は父親と似たにおいを好むという説もあるのです。女性は父親から受け継いだHLAタイプに近いにおいを好み、母親のにおいを避けるという研究もあります。

あれ、でも女の子は思春期になると、父親のにおいを「臭い」といって避けるといいますよね。
どうだか、私にはわからないです。私自身は娘から臭いと言われたことはありませんが、奥さんから臭いと言われたことは何度もあります(笑)

ただフェロモンの好みで運命を言うなら、運命かもね。でもフェロモンでマッチングしたところで、結婚したら相手がDV男になってしまったとか、性的な相性しか合わなかったとかってことになるかは、わからない。


条件検索は、バトナとして考えればそもそも有利な人をさらに有利にし、不利な人をさらに不利にする。それでも出会いの多さはあるから、結婚という目的指向の人にはいいのかもしれない。
フェロモンマッチングは、とにかく本能をベースにしているからセクシャルな相性は合うだろうから、それでゴールすれば後悔は少ないのかもね。

だけどどっちもキチンと身元確認しないと、既婚者は入ってくるわ、結婚詐欺師は入ってくるわになりそうだわ。

 

 

 

今日のBGM439【 Pharrell Williams - Marilyn Monroe 】

 

いまだに、いいぞ。

ファレル・ウィリアムス GIRL CD Import