読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

ブービートラップ

毎日ボートマッチえらぼーと」というのをやってみたら、どの政党とも40数パーセント以上考え方が一致すると出た。そんなアホな。
毎日ボートマッチ(えらぼーと)

えらぼーと」とは、<あなたが衆議院選挙の立候補者と同じアンケートに答えると、その回答と各政党候補者の平均的回答との「近さ」が数値で分かり、政党候補者間の考え方の違いを知ることができるツール>ということなんだけど。考えてみれば、候補者の考え方や政党の約束みたいなことは、まったく信用できないじゃん。維新の会って、いつから原発推進するようになったんだ? 
いやいや、そんなことより選挙後の連立で、どの党も公約とまったく違う政策をやりそうだし。野田首相のCMは力強いけど、やらないと言ってたことの正反対の、消費税増税を可決したわけだし、公務員住宅もこっそり造らせるのをOKしてたんだし。ウソつくことを決断されたって、困るわ。
安倍総裁は、日本を取り戻すって、いつの時代の日本を取り戻す気だ。戦前に戻って、アメリカから米軍基地を取り戻すということか。美化されたノスタルジーに浸ったってなぁ。高齢者にとっては、高度成長期がいい時代かもしれないけど、高度成長期にはジイサンはこんなに大勢いなかったんだし(笑)


世の中、政治家じゃなくたって、言ってる言葉とは正反対のことをしてる人は、いくらでもいる。だけど憲法とか法律って、書いてあることと実態は正反対なんてことでいいんだろうか。
一票の格差違憲状態だと最高裁で判断されているのに、政治家はのらりくらりと何もせず、そのまま選挙に突入。今度の選挙も最高裁で違憲だとなっても、混乱を避けるため、さすがに無効だとはしないとナメてんのね。一票の格差、へえ、そうなんだ、解消するの難しい。と言いながら、政治家は違法なことを平気でやってるわけね。
私は個人的には、税金とか国民の義務ってやつを神奈川県民は鳥取県民の1/4にしてくれればいいよ。権利が1/4になってるんだから、義務だって1/4になって当然よね。それが法の下の平等じゃないの。もし徴兵制になっても、1/4の期間にしてくださいね(笑)
投票率は、一票の価値と比例しているとの研究も数多くある。

ナベツネなんて、運転免許の3時間やらなきゃいけない高齢者講習を約10分で終わらせた。それも警視総監絡みで、話を回したとか。11月にこの報道が出て、見事に大手新聞もテレビも沈黙。そりゃあ本当かどうかわからないけど、86歳のナベツネが自分でクルマを運転することがあるの? 普通、銀行の支店長クラスでも、自分ではなかなか運転しない。権力や権利を持った人が事故を起して、キケンな関わりを持ってしまうことを避けるためだ。免許を更新すること自体が、この人にとっては何かの見栄。権力を持った人たちは、持ちつ持たれつ。法の外にあるってことね。



今回の選挙戦で、社会保障はほとんど争点化していないように見える。年金、健康保険、介護保険。年金なんて自民党が票欲しさに考えたマルチ商法みたいなもので、最初から破綻するのはわかってた。そんなあくどくはないでしょって言ったって、例えばうちの奥さんが新卒で就職した会社では、入社時に「公的年金は、将来破綻する。だから全員個人年金に入ってください」と説明され、ほぼ強制で入らされたそうだ。
旧財閥グループ、要するに銀行を核とした企業グループなので、グループの生保を潤すためという見方も出来るけど、むしろ厚生年金の破綻を見越して、先手を打ったと考えるのが自然じゃないだろうか。グループの中核企業は皆そうしたらしい。うん十年前の話だから、たぶん大勢が知っている。
厚生官僚が、いくらでも入ってくるから使えと言って、しょうもない施設を作りまくったのは、破綻を想定してなかったわけじゃない。国民が怒りはじめる前に、自分たちの懐を潤すことに金を流したと考えるのが妥当だろう。

この年金について、みんなの党は「現役世代から高齢者に仕送りをする」現行方式から、「自分が積み立てた年金は自分でもらう」方式への改革を言っている。自分の親に仕送りするのは当然でも、人の親にまで仕送りするのは冗談じゃないけど、でも今さらの方向転換は、もう遅い。団塊の世代がもらい始めているのに、ここを削減できるほど元気のある政権ができるとは思えない。近い考えは維新の会だけど、高齢者の支持が高い暴走老人たちと組んでいるのに、そんなことはもう言わないだろう。
集める金を限りなく増やすより、支給する金を減らすしかないのに、圧倒的な人数の団塊の世代がリタイアするまで、何もしてこなかった。


健康保険も同じ。小泉内閣の後期高齢者制度以降、それなりに高齢者の負担は増えたけど、それでも必要な費用が際限なく現役世代に回される仕組み。大半の健保組合で保険料が高騰したり、組合の破綻や解散も起こってる。現代の乳母捨て山かという、黙るしかないような声が今も大きいけど、これも仕送り方式というマルチ商法のような仕組みが元凶。積み立ててこなかったのに、今さら、もうどうしようもない。破綻するしかないじゃないの。
生活保護費の不正受給が問題になっているけれども、生活保護費自体よりも問題なのは、医療費。生活保護を受けていたり、マル親と呼ばれるひとり親家庭、それから身障者などは、現実的に医療費がほぼ無料になるそうだ。自治体によって違うみたいだけど。この医療費総額がどれぐらいなのかが、どこにも出ていない。とても優しい制度だけど、医療機関にとっては上顧客だ。多くの病院が囲い込みに入っている。
お金のことだけじゃなく、一度この制度を利用しはじめると、例えば離婚した。事故にあい、怪我をした。生活保護、マル親で病院行き放題。となると、働くのがバカバカしくなるという。しんどい目にあいながら働いても、生活保護以上の収入が得られないし、医者に行って予防注射受けたりする時間も金もないしと。制度を使ってる人と使ってない人とで逆転現象が起ってる。だから、どうしようもない。偽装離婚なんてことも、あるらしい。

そこで片山なんとかさんみたいな人は、生活保護をキビシくチェックし、自助努力をうながせという。その通りなんだけど、チェックするのは役所だ。総額を抑えるだけだから、新たに困ってる人は利用しにくく、以前から利用してる人を対象から外すのは至難の業だ。


あれ? なんか、こういうのって原発の話みたいよね。原発がなきゃ、電力足りないぞ。火力発電に頼ってるから、燃料費の高騰で電気料金が上がるぞ。覚悟出来てんだろうな、お前ら、みたいな。
電力が足りてるのかどうか、私は知らない。だけど、電気料金はアメリカの2倍だという。しかも燃料費が占めるのは15%とか20%とからしいじゃない。どうも、原発使わないから原料費が高く、電気料金が跳ね上がるというメディアで出回ってる理屈はウソくさいようだ。ただ私たちには、確実な裏取りすることなんて無理なのよね。なんたって、原発を導入させた新聞社のトップは、違法なことしても揉み消せるようだし。
田原総一郎さんがある対談の中で、「(原発事故が)民主党政権下で起こって、ある意味良かった」と言っていた。ゆるいから、本当のことが漏れる。つまり自民党政権だと、隠してしまっただろうということ。


原発があることで、「日本はいつでも原爆を造れるんだぞ、という抑止力になる。この抑止力は、安全保障上必要だ」と言うロジックがある。私はいつもアホなんちゃうのと思ってるんだけど、造るのに1年ほどかかるものが怖いか? 本気で攻めようと思うなら、1年先の原爆なんて怖くも何ともない。むしろ、原発にミサイル打ち込めば、自動的に日本は消滅じゃん、っていうリスクの方が、はるかに大きいでしょう。

安全保障上って、例えば石原都知事が「尖閣諸島を都が買い取る」とブチ上げたところは「ヘリテージ財団」で、軍需産業やサムスンまでが金を出すネオコンだそうだ。本当かどうかは知らないけど、アメリカの軍需産業にとって、日本と中国が揉めれば、こんなにおいしい話はない。しかし、日本が核武装するのは困る。局地戦になって、米軍も出て行って兵器を使いまくってくれれば、儲かリまくりじゃんというシナリオを想像するのは簡単だ。

そのシナリオを考えると、国内では原爆を造ること前提条件に、原発は出来る限り再稼動させる。原爆を作っても、飛ばせないと意味がないから、弾道ミサイルを造ろうと。これには国内でも反対意見が噴出するけれども、これを封じ込めるに、じゃあ徴兵制にするしかないですねという、国の脅しが始まる。戦略的な抑止力を持てないなら、戦術的なパワーが必要だと。
ちょ、徴兵制!? これに賛成するのは、またぞろジイサンたちと「韓国男性は軍隊に行ってるから逞しい。日本の男は頼りない」という韓流好きの人たち。もちろん一部だろうけど、年金や税金と一緒で、実際に負担する人たちじゃなくて、負担しない人たちが賛成に回る。
結局、徴兵制にはならず、兵器をしこたま買い込む日本。それでも大陸間弾道ミサイルや空母など、戦略的に使えるもの、つまり長距離で使えるものはアメリカが持たせてくれないから、使えない兵器コレクターとなるだけ。アメリカのネオコンは、大喜び。
ヤバいのは徴兵制は出来ないから、傭兵を雇おうという意見。じゃあ、お前ら国民はもっと税金を出せとなって、消費税をどんどん上げられるが、傭兵には少しだけ使って、役所が要塞として作り替える費用に、どんどん使われたりして。有事の際に、避難拠点にするという名目で。
さあ有事が起こった。傭兵部隊が出撃する。ところが部隊は、外国人。どこの国の人が多いかと予想すると…


とまあ、どんどんとスラプスティック・コメディみたいになってますけど(笑) いや、書いてたら、アホらしくて、どんどん面白くしてるだけなんですけど、だけど世間で言われてるようなことって、それぐらいギャグみたいなことで。
自民党と公明党が組んで、国土を強靭にするという。10年間で200兆円とか、100兆円とか、防災のために金を使って、そのことで景気を良くするという。もちろん使ってる間は、景気は良くなるだろう。株価も上がる。その分、GDPもあがる。
ただこれって、建築国債を出そうが何しようが、借金は借金。いつかは返さなきゃいけない。誰が返すんだろう。
たぶん、今10代とか20代とか30代ぐらいの人たちか。
そういう裏付けがないのは、円天みたいに「使っても減らないお金」というのと同じで、頭の悪い人を騙すための詐欺のよう。クレジットカードの限度枠を無制限にして、支払いはお子さまやお孫さまにという従来の手法じゃないの。無制限の金融緩和したって、日本では需要が足りないんだから、銀行にどれだけお金があっても一緒。


強靭にするための予算も、老朽化が進んでるものをどうするのかには使いにくく、新しく何か造ることには使いやすくなるだろう。高速道路や新幹線とか? だって土地買収絡みじゃなきゃ、利権が生まれにくいし、票にもならないじゃない。
ゼネコンは潤うけど、現場で工事している人たちには、大して行き渡らない。福島原発の作業員たちには、被曝量を誤摩かすようにさせて、賃金も何重にも抜かれてるのと一緒。

だいたい人口が減少してるのに、どれだけ強靭にするんだろう。数人のために、何億もかけて大きな防波堤を造るとか? 
そのころにはきっと、一票の格差は20倍ぐらいになってるのかもね。


そんな風に考えてると、どこの党にも投票できないじゃん。私が思うのは、どの争点も程度の問題。ダメなのは、自民党の従来と同じ構造の強化。だからって私は、憲法を改正するのに反対なわけでもなく、原発の即時停止を求めたりもしない。生活保護だって、やるかやらないかという話じゃない。必要なのは、その道筋と方向性。どの党の主張も極端なくせに、政権を取ったら方向転換するのが見え見えのウソだから、イヤだ。
こうなったら抑止力としての、共産党に入れるしかないね(笑)


今日のBGM-215【 Moby - Extreme Ways 】

ものを見過ぎると、何も見えない。あまりに見過ぎた。みたいな歌詞らしい(笑) やっぱり、徹底的に壊すしかないんじゃない。それとも、壊されるのを待つか。
Bourne Identityのテーマ曲。