読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

映画『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』

[映画/ドラマ]

土曜日の夜中に、ブルーレイで観ました。ブルーレイとDVDのセットパックで。画質が良くたって、読み込みが遅いから、ブルーレイはあんまり好きじゃないんだけど、この映画はいい画質で良かったかも。


映像はともかく、エンディングで、なんだよ、こういう終わり方? せっかく良かったのに、こんな風に終わるなんて、なんか残念だよなと思ったら、ちょっと間を置いて出てきた映像が…
あ、これって昔の猿の惑星につながるのか。どうして、猿が地球を支配したか。げげ、そういうことなのかと分かったら、寒気が走っちゃってもう。
ま、まあ、そりゃ創世記なんだから、つながって当然っちゃあ、当然だけど、それにしても上手いよなぁ。それで「進化は彼らを選んだ」っていう、コピーなのか。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)

アルツハイマーの治療薬。劇的に回復させるんだけど、副作用がある。回復って書いたけど、これってそもそも回復なのか。単に自然の摂理の冒涜? 動物実験を繰り返して、作られる新薬。延命治療にしかならないが大きな利益につながるから、血眼になって開発する。結局は人間を破滅させてるだけなんじゃないのか。主人公と父親とのやりとり。父は、これ以上の延命を拒む。けっこう強烈な文明批評なんだけど、見事にエンターテイメントにしてる。僕はペット? そんな問いかけにもギクッとなる。
うちのお犬様も、脳はイカレてるのに、カラダはかなり健康だ。毎日の介護は大変。ホントに、何が正しいのか。もしかしたら、自己満足なのか。


映像もスゴい。知性を感じさせる猿の表情。特典映像の未公開映像で、VFX処理というか合成前のモーションピクチャー用の装備をした役者の映像も数多く出てくる。VFXもスゴいけど、役者もスゴい。役者って、チンパンジーを演じてる人よ(笑)
久々に、文句なしにスゴい映画でした。


猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 予告編





猿の惑星:創世記(ジェネシス)2枚組Blu-ray&DVD&デジタルコピー


にほんブログ村】に参加しています。
↓面白かったり、役に立ったら、ポチっとね。
ブログランキング・にほんブログ村へ