読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

巫女さんのポジションは、TDLのダンサーに似ているかも

 

f:id:F_chikara:20140920224407j:plain

知り合いの巫女さんから聞いて、驚いたことがある。もちろん現役だから、いろいろバレないようにボカして書くけど、巫女でいられる時間は短い。

神社によって違うそうだけど、最長で30歳なんだそうだ。

巫女の仕事のメインは、舞を舞うこと。神楽の舞かと思っていたら、祈願祈祷のためのもので、結婚式で舞うのが一番安くて、国家の繁栄を願うものが一番高いらしい。へ? 金? そうなの?

 

神楽の舞とは、神を降ろして、神懸かりになり、その場にいる人たちの穢れを祓うもんだと思ってたので、けっこうビックリ。祈願祈祷なら、巫女が舞う必要なくて、神主がやってればいいんじゃないの。

巫女の舞の始まりは、天照大神が天岩戸に隠れてしまったとき、天照大神を引っ張りだそうと、八百万の神々がやんややんやと囃し立てたアメノウズメの神懸かりの舞だったと思うけど。

それは日本書紀でも古事記でも、背をそり胸乳をあらわにし、女陰をあらわにした踊り。というようなことが書いてあるはず。エロチックなのかどうかはわからないけど、トランス状態っぽいことは間違いないんだろう。

 

神社がメニュー化して有料でやっているのは、そういう舞じゃない。能っぽいけど、もしかしたら形式化した踊りなのかもしれない。

 

彼女によると、舞の種類はいろいろあるけど、それを憶える稽古は時間外なのに、残業代が出ないんだそうだ。

う〜ん、そんなのねぇ、定年までやっても、なんの役にも立たないのにねぇ。場所が神社ってだけで、神とは関係なさそうだわ。

 

ディズニーランドのダンサーって、常にチェックされてる。年に何度も査定みたいなものがあって、基準に満たないと解雇される。

ディズニーランドをヤメたダンサーたちがどこに行ってるかというと、六本木などに数多くあるショーをやる店。ただ服を着た店は少なく、上半身裸みたいなところがほとんどだそうだ。この場合は、男性ダンサーもね。

 

もちろん巫女さんだって、TDLのダンサーだって、本人が望んでやってるんだし、そんなに長い間出来ないからって、それ自体に問題があるわけじゃない。エンターテイメント、芸能なら、それが普通だ。基準は人が集められるかどうか、人気があるかどうかなんだし。

 

どうして、こんなことを書く気になったかというと、これを書いていたときのこと。



神道神道の神、神社というと、それだけで高尚なものとか触れられないものみたいな扱いがあるけど、実際は人間くさい。神々にしたって、他の宗教の神よりも人間っぽい。

だいたい、残業代出ないんだしね(笑)