読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不透明なチカラですが、なにか?

テーマはいろいろ。というか絞れません。2013年7月以前は他のブログサービスからインポートしたので、リンクや画像等がなくなってるかもしれません。

水曜日のカンパネラ、戸川純説はズレすぎだって

水曜日のカンパネラ、初のメジャーデビューアルバム『Superman』を買って以来、なんかずっとこれ聴いてる気がする。とてもとても曲の完成度が高いのもあるけど、以前にも増して中毒性の高い歌詞、歌唱、グルーブ感なんだわ。 Amazon - 水曜日のカンパネラ SU…

基礎のない矢野顕子の天才性、そして坂本龍一のA.I.的な秀才性

昨日土曜の深夜、テレビ朝日の『はくがぁる』という番組で、MC夏目三久、ゲスト清水ミチコと坂本美雨で「矢野顕子学」をやっていた。

中田ヤスタカの歌詞には意味がない

先月の終わりだけど[関ジャム 完全燃SHOW]に中田ヤスタカさんが出演されてて、やっぱスゲエわ、この人と思いながら見てた。 その前週10月16日は、蔦谷好位置とヒャダインの出演で、特に蔦谷好位置さんのヒット曲の分析が面白かった。ヒャダインさんはいろ…

クラシック音楽は、どれほど収入と結びついていて、どれほど高尚なのか

〝高収入層は「アイドル」や「アニソン」を聴かない? 転職サイトが「音楽と年収」のアンケート結果を公開〟という記事がBlogosに出てた。 blogos.com タイトル自体が、かなり煽ってるけど、そもそもこの調査の設定自体がどうなんだと疑問だし、最初から結果…

UNDERWORLDだとコンテンツが良過ぎるけど、VRが確実に来る予感

『Barbara Barbara, we face a shining future』は、かなりいいです。今までのUNDERWORLDのアルバムとは違い、高速道路で爆音で聴きたいという疾走感はないものの、重いグルーヴ感はたまりません。

METAFIVEをテクノフリークだけが聴いてるのは、もったいない

http://sp.wmg.jp/metafive/ 音楽を聴くのはクルマの中が圧倒的に多いんだけど、デヴィッド・ボウイがなくなって以降は、ボウイばっかり聴いてた。でも1月13日以降は、METAFIVEと交互にかけてる感じ。両方とも1ヵ月以上聴いてても飽きない。どれだけデヴィッ…

デヴィッド・ボウイというジャンルは、もう終わった

テレビではニュースもワイドショーも訃報を伝え、ツイッターでは昨日もトレンドに入り、音楽系サイトばかりかさまざまなサイトで特集が組まれる。アーティストは国内外を問わず、悼むコメントを出して。 "One of THE GREAT moments in my life. I regret bei…

Feat.イギー・ポップは、あっちこっちからモテ過ぎ

New Order10年ぶりの新譜、Music Completeのライナーノーツを見ていて、イギー・ポップが参加しているのに気がついた。え、一曲渋いボーカルというか語りみたいなのが入ってるのは、イギー・ポップなのか!? だけどこんなのイギー・ポップじゃなくたってぜん…

YouTube Redは、グーグル邪悪化のはじまりか? 

日本でもGoogleのサブクスクリプションサービスGoogle Play Musicが始まったばかりですけど、アメリカではYouTubeでも定額サービスが10月28日から始まるそうです。世界中でも準備でき次第、開始するとのことなんですが。

エレクトロとジャズとダブステップと!? ジャンルはなんでもいいじゃないの

このところエレクトロ・スウィングというジャンルが流行ってるらしい。と思ったら、ジャズとダブステップを融合させた、なんてのもある。しかもグライムだと。もうジャンルなんでもよくないですか? EDMで括ったっていいじゃないの。 いやだってエレクトロ自…

We Will Rock YouがポカリスエットのCMで燃えてる!

ポカリのサイトから ポカリスエットのCMは、けっこうド迫力。まだご覧になっていない人はこちら

どうしてクルマの中で、口パクしたり踊ったりするんだろう

このところクルマの中で口パク(海外ではLip Syncというそうですけど)してる動画が、社会現象のように大量にアップされ、話題になってます。 どうしてでしょうね。

リマスターとかじゃなくて、せめてカバー曲聴こうぜ。というカバー曲集

昨日タワーレコードから、メールが来た。だいたい私はAmazonだろうがどこだろうが、オススメされたものを、いいじゃんなんて思うことは、まずない。どこが優れたリコメンドエンジンなんだよと、たいがい毒づいてる。それでもごくごくたまに、参考になる内容…

今年、2014年の個人的なベストバイ

今年、去年以上になにも買ってない。買いたいものもないし、高いものはなにも買ってないけど、当たりだったよなぁと思うものが多い。なにが当たりだったと思ってるのか、紹介します。 家電 ○ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー 年末の窓拭きは寒さがなかな…

WORLD ORDERが、ジャパニーズサラリーマン像なわけないだろ

WORLD ORDERの新しい動画が発表されるたびに、何度も繰り返し見てしまう私。今までにも、PVは【今日のBGM】として全曲貼付けてます。WORLD ORDER、スゴい。 と書いてみても、知らない人のために、まず代表的な動画を。 そして後半にはWORLD ORDER好きの人で…

紛争地域からも、『Happy』のカバーダンス

今まで三回書いてる。 カバーダンスが、『Happy』でゆるく増殖中 さらにさらに増殖する『Happy』のカバーダンス アジアの『Happy』も続々 いい加減、ヤメとけばと思うけど次々に新しいのを見ちゃうからね。 今回は紛争地域でも『Happy』のカバーダンス動画が…

アジアの『Happy』も続々

今まで二回も『Happy』のカバーダンスについて書いて、17本ほど取り上げてるけど、まだまだ世界中で作られて、限りなく増殖してる。 カバーダンスが、『Happy』でゆるく増殖中 さらにさらに増殖する『Happy』のカバーダンス だけどアジアからのを貼付けたの…

イーノ・ハイドがアンビエントじゃなくて、つくづく良かったと思う

なんでしょう、この意味不明なタイトル。イーノ・ハイドというのは、ブライアン・イーノとアンダーワールドのカール・ハイドのユニット名なんです。4月末、このアルバムの国内版が先行発売されました。 私にとっては、絶対買うぞ的なアルバムなんです。買っ…

さらにさらに増殖する『Happy』のカバーダンス

世界中で『Happy』のビデオが作られていることに感激して、泣いてしまうファレル・ウィリアムス。 私はファレルのこと、決していい人だと思わない。むしろ、根性悪そう(笑) でも楽曲の持つパワー、MVの持つ素晴らしさはアーティストを超えて世界中で流行する…

ロックは、おっさんのものか

先日、雨の中昼を食べに出たときに、あ、そうだ、ボーイ・ジョージの新譜が出てるんだと思って、タワーレコード渋谷に行った。 ボーイ・ジョージはカルチャークラブで一世を風靡した人だけど、いつしか音楽の世界から忘れ去られていた。昨年末、イギリスで出…

カバーダンスが、『Happy』でゆるく増殖中

こないだも[今日のBGM]として貼付けていますけど、ダフト・パンクやロビン・シックとのコラボに続き、アニメ映画『怪盗グルーのミニオン危機一髪』のサントラとして制作された『Happy』がまたまた世界中で大ヒット中のファレル・ウィリアムス。 この『Happ…

Get Luckyマニアのための、異様なカバー集

DAFT PUNKの大ヒット曲『Get Lucky』。発売以来、いろんなカバーがYoutubeにアップされまくってて、取り上げてる音楽サイトやブログもけっこう見かけたけど、どうもキレイ目なので被ってるのが多かった。 ちょっと不満な私は、異様なカバーばかりを紹介して…

ロックの歌詞には意味がない

昨日は道場の暑気払いだった。 昨日はなんか、音楽の話ばかりしてた気がする。私の前にいた高校生の女の子が「私はピンクフロイドとキンクリとかが好きなんですよね」と言ってきた。 私はもうビックリして、なんでそんなバンドを知ってるんだよ?と聞くと、…

デヴィッド・ボウイが教えてくれたこと

デヴィッド・ボウイ10年ぶりの新譜が出るというプロモーションは、発売前から大々的に行われてた。ネット上のことだから、さほどの金額ではないかもしれないけど、レコード会社は入れ込んでるなぁという印象。 私はどれぐらいのファンかというと、そりゃあも…

今年になって買ったCD

2年ぐらい前までは、月に3,4枚買ってたのに、今年は何と4枚目。 買いたいのがないというのもあるけど、積極的に探しても、どうってことないのしかないやと思い出してる。 それとも、歳なのか(笑) 最近買ったのが、これ。 『RED DIAMOND 〜Tribute to Yukihir…

キョーレツナリズム

たぶん10数年、クルマが二台生活をしてた。私は週末ぐらいしか、クルマに乗らないけど、運転するのが趣味みたいなもんだから、かなりゼイタクだけど、まあいいかと。 でも3.11以降、奥さんは原付買っちゃったし、極力ガソリンを使わない生活にシフトしてる。…

SUPERHEAVYとK-POPとJ-POP

SUPERHEAVYというのは、ミック・ジャガーが結成したスーパーバンド。今月の頭に輸入版を買ってたんだけど、書くタイミングがなかった。ミック・ジャガーと元ユーリズミックスのデイヴ・スチュワートにジョス・ストーン、ボブマーレイの息子デミアン・マーリ…